失敗しない下肢静脈留

下肢静脈留治療を失敗しないために知っておきたいこと

Point.01担当医師が血管の専門外科医ですか?

今までは、ストリッピングという血管を抜去するという治療は保険診療でしたが、2011年1月よりレーザー焼灼術(カテーテル治療)が保険診療に加わりました。それまでも、レーザー治療は行われていましたが、自費診療のみで片足20万~40万円で美容外科医や形成外科医が多く行ってきました。
合併症を併発した時の対応を考慮し、血管外科医での治療を受けられることをお勧めいたします。

Point.02処置が丁寧なクリニックですか?

処置が丁寧なクリニック

当院では、術後の傷が少しでも、小さく、綺麗になるよう、包帯固定によるストレスや皮膚トラブルを最小限にできるよう努めています。流れ作業ではなく、時間をかけ、一人一人にあった術後処置・ご説明を心がけています。

Point.03症例数が十分に多いクリニックですか?

下肢静脈瘤を専門とし、多くの症例を診察・治療しているクリニックですか。
術後の症例、合併症などの説明がきちんとされましたか。

Point.04患者さんに適切な治療法を提案していますか?

切な治療法を提案

疾患の現状から治療方法、なぜ必要であるのかなど丁寧にわかりやすく、恐怖心を与えずに、説明がされましたか。

Point.05商業的な売り方をされていませんか?

商業的な売り方はしない

2011年1月から保険診療に加わるまでも、エンドレーザー治療は行われていました。ただし、自費診療のみで20万~30万円で美容外科医や形成外科医が多く行ってきました。
保険収載された後も自費レーザーの方が痛みや皮下出血が少ないなどということを売りに自費の治療法だけを選択肢として説明されていませんか。

【完全予約制】TEL.03-5537-0002[受付時間 9:00~18:00(最終受付 17:00)/休診 日曜・祝日]

診療のご予約
ご予約フォーム
お問い合わせ
お問い合わせフォーム
初めて受診される方へ
          
Googleで場所を確認する
院長メッセージ
当院の施設・設備案内
提携ホテルのご案内