治療の流れ

下肢静脈瘤の治療の流れをご紹介

保存的療法

Preservation
保存的療法
この治療法は、伸縮性の強い医療用の弾性ストッキングを履くことで拡張した血管を圧迫して足に血液が溜まることを防ぎます。 弾性ストッキングで、足を圧迫することで静脈内の余分な血液は減り、深部静脈への流れは促進され、足全体の血液循環が改善され、だるさや足がつるなどの症状は緩和されます。 ただし、圧迫療法は、保存療法であり、下肢静脈瘤の進行防止、現状維持が目的となり、これにより下肢静脈瘤そのものが治るわけではありません。 症状が軽いときや、手術ができない状態(妊娠中、仕事都合)のとき、そして手術後早期にこの方法を利用します。

弾性ストッキングのフィッティング

当クリニックでは、患者様の体形・年齢・性別に合わせ弾性ストッキングを処方します。 その患者様の足に一番合ったものでないと、弾性ストッキングの着用は継続できないからです。 それ故に、当クリニックでは、試着をしていただいてから弾性ストッキングを購入して頂いております。

弾性ストッキングの着用方法

弾性ストッキングは外側から圧迫力をかけて血液循環を改善することが目的であるため、一般的な靴下のように簡単に履けるものではありません。 「弾性ストッキングを持っているが硬くて履けない...」とおっしゃる患者様の話を良く耳にしますが、そのような方でも履き方を知るだけで、「今まで着用できていなかったものが履けるようになった」とおっしゃる方が大多数です。

正しい履き方というのは、ただ単に履きやすくするという事だけではありません。弾性ストッキングの特徴である段階的圧迫法(足首の圧迫力が最も高く、上に行くほど圧力が低くなる)が最も効果的になる、という重要なことなのです。また、耐久面においても同様です。正しく履くことで、弾性ストッキングの生地を長持ちさせることが可能です。

弾性ストッキングは、通常、起きている時に装着するものです。特に医師から指示がない限り、夜間や就寝時は着用する必要はありません。その患者様の足に一番合ったものでないと、弾性ストッキングの着用は継続できないからです。 それ故に、当クリニックでは、患者様の体型や年齢、性別に合せて弾性ストッキングを購入して頂いております。※保険適用ではありません。

弾性ストッキング着用のかぶれ対策

弾性ストッキング着用時に問題になるのが「かゆみやかぶれ」です。弾性ストッキングを履くと、足が乾燥してしまう為にかゆみが生じます。保湿クリームを塗って、乾燥予防することが大切です。 また、太ももまである長い弾性ストッキングは、ずり落ちを防止するためにシリコンが付いているタイプもあります。このシリコンにかぶれる方が、私たちの調査では、実に着用者の約半数もおり、かぶれ改善のために研究を重ねた結果、白色ワセリンをシリコン部分に塗布するという対策を見出しました。この方法により、約8割の方にかぶれを防止する効果がありました。

当院はコンダクターが在籍

condoctor_img.png
当院の看護師長 安藤円香は日本静脈学会から弾性ストッキングコンダクターに認定されております。安心してご相談下さい。
弾性ストッキングコンダクターとは?
日本静脈学会から認定された、医療用弾性ストッキングの知識・効果を患者様に指導する技術者の総称です。 医療用ストッキングである為、サイズ選定や取り扱い方法については専門の医師やストッキングの専門知識と資格を有するストッキングコンダクターに相談することがとても重要です。

保存的療法のメリット・デメリット

Merit
  • 症状の軽減、改善
  • すぐ対策が出来る
  • 誰でも使用可能
  • コストが安い
Demerit
  • 原因治療にはならない

【完全予約制】TEL.03-5537-0002[受付時間 9:00~18:00(最終受付 17:00)/休診 日曜・祝日]

診療のご予約
ご予約フォーム
お問い合わせ
お問い合わせフォーム
初めて受診される方へ
          
Googleで場所を確認する
当院の施設・設備案内
提携ホテルのご案内