治療の流れ

下肢静脈瘤の治療の流れをご紹介

高位結紮術

Ligation
高位結紮術
静脈を取り除かず、弁不全を起し逆流している静脈を糸で縛る(結紮)ことによって逆流をせき止める方法。

静脈を縛り逆流を防ぐ治療法

単独で用いられることは少なく、レーザー療法やストリッピング手術と併用する形で行われることが多いのが高位結紮術(こういけっさつ)術です。 この高位結紮術とは静脈瘤が発生している静脈を高い位置で縛りつけ、血液の逆流を防ぐ方法です。 下肢静脈瘤の最大の問題点は静脈弁が正常に閉じなくなってしまい心臓へと送り返されるはずの血液が逆流してしまう点です。その結果うっ血や瘤が生じてしまうのです。そうして機能しなくなっている静脈弁に変わり、縛り付けることで逆流を防ぐのがこの方法です。なお、静脈を縛り付ける作業は皮膚を切開して行われます。

高位結紮術の手術内容

ただ、冒頭に挙げたように、この方法を単独で行うことは少なくなっています。 やはり根治的な治療には適さないからでしょう。硬化療法と併用されることで治療後に再び再発するリスクを減らすことができます。 また、局所麻酔で行うため日帰り手術も可能です。 レーザー手術との併用は主に伏在静脈の根部に静脈瘤が生じた場合に選択されます。 また、レーザー手術と併用しない場合でも静脈を切除する場合もあります。

高位結紮術のメリット・デメリット

Merit
  • 局所麻酔にて日帰り治療が可能
Demerit
  • 創部が大きい(約1~2cm)
  • 単独の治療のみでは効果が低く、硬化療法等と併用することが多い
  • 再発率が高い

【完全予約制】TEL.03-5537-0002[受付時間 9:00~18:00(最終受付 17:00)/休診 土曜・日曜・祝日]

診療のご予約
ご予約フォーム
お問い合わせ
お問い合わせフォーム
初めて受診される方へ
          
Googleで場所を確認する
当院の施設・設備案内
提携ホテルのご案内