治療の流れ

下肢静脈瘤の治療の流れをご紹介

硬化療法

Hardening
硬化療法
血管内に硬化剤を注入し、沈子および弾性包帯で圧迫することにより静脈瘤の内腔を閉塞させる方法。下腿の目立つ血管内に対し選択的に行うことが可能ですが、瘤が大きいと血流が再開してしまうことがあります。以前は伏在静脈本幹にも硬化療法を行っておりましたが再発の問題もあり、現在はくもの巣状や網目状などの細い静脈にのみ行っております。無麻酔で行えるため、日帰り治療が可能です。完全に閉塞した静脈は、やがて組織に吸収され消えていきます。

硬化療法の利点と懸念点

硬化療法では、硬化剤という薬剤を患部である血管に直接注射することで、トラブルを起こしている静脈を閉塞し退化させ消滅させてしまいます。この治療法は、網目状静脈瘤やクモの巣状静脈瘤といった、径が3mm以下の細い静脈瘤に適している方法で、太い静脈瘤にはあまり有効とは言えない治療法です。 また、側枝静脈瘤の場合は、体外からレーザー照射をするタイプの治療と組み合わせることによって、より有効な治療が可能となります。 注射による施術のため、傷などが残らず体への負担も小さいという利点があります。また、治療時間が短いのも、忙しい人にとっては有益です。しかし、硬化療法には再発率が高いという欠点もありますので、他の手術との併用をすすめる場合もございます。

併用手術について

硬化療法は採血のような細い針で治療を行うため、傷跡が残りません。身体への侵襲が少ないことが利点として挙げられます。

硬化療法のメリット・デメリット

Merit
  • くもの巣状静脈瘤の外来治療として唯一保険収載された治療法
  • 傷が出来ない
  • 無麻酔ゆえ日帰り治療、場合により両側同時治療が可能
Demerit
  • 硬化剤注入部に色素沈着を起すことがある
  • 直後は瘤のしこりがのこる
  • 瘤が大きいと再発しやすい
  • 静脈自体が固くなるため、再手術の際、困難である

【完全予約制】TEL.03-5537-0002[受付時間 9:00~18:00(最終受付 17:00)/休診 土曜・日曜・祝日]

診療のご予約
ご予約フォーム
お問い合わせ
お問い合わせフォーム
初めて受診される方へ
          
Googleで場所を確認する
院長メッセージ
当院の施設・設備案内
提携ホテルのご案内