当院について

銀座七丁目クリニックについてご紹介しております

銀座七丁目クリニック7つの特徴

point
01

最先端の最新レーザー治療機器を導入

平成28年1月より当院で治験を行った最新機器が保険承認されました。
治験症例では、成功率100%、有効性100%、合併症は見られませんでした。
国内最小径カテーテルで傷口が小さく、より痛みが少なく治療が行えます。

point
02

保険診療の最新型1,470nmレーザーによる手術実績件数が日本一

当クリニックは2011年5月9日に開院して、2016年1月現在で約7000件の手術件数を行っております。 2011年1月より980nmレーザーが保険診療となり、従来の静脈瘤手術とは変わり、負担が少なく、安全で、日帰りで手術をすることが可能となりました。 ※2014年5月に1470nm波長の最新医療機器が保険承認され、より出血や痛みが少なく、負担が軽い治療となっております。

point
03

特許取得済みの当院の独自開発「銀座鉗子」を使用

銀座鉗子は、より小さな傷から、大きな範囲の静脈を掴むために開発されたものです。銀座七丁目クリニックのオリジナル鉗子です。少しでも患者様に満足していただけるよう、より傷は少なく、小さくという点で「こだわり」を追求しております。

point
04

日帰り手術ということで、帰宅後に不安や心配を感じられる患者様もいらっしゃいます。そのため、当院ではホットラインを開設し、24時間患者様の訴えに迅速に対応できます。このホットラインの存在により、安心して患者様は当院での治療を受けられます。

point
05

優秀な慈恵医科大学血管外科医の集団で治療

血管外科分野で年間最も多く手術をしている慈恵大学の精鋭された医師チームで治療にあたっています。慈恵医大に最も近い場所でクリニックを開設し、より安心して治療が受けられる環境を作っております。

医師紹介を見る

point
06

最高の医療を提供

銀座七丁目クリニックでは、慈恵医大精鋭スタッフに加え、専属の看護師・受付で治療にあたっています。患者様の満足度を高めるために、スムーズな外来、より綺麗な出来栄えの手術ができるよう心がけております。治療の質と同時に、患者様を緊張させない環境作りが重要と考え取り組んでおります。

point
07

典型的な伏在型静脈瘤に対しては逆流源である伏在静脈はレーザーを用いてその根部から焼灼を行い、ぼこぼこ膨らんだ静脈瘤は同時に少切開で瘤切除を行っています。レーザー焼杓部分には傷は残りませんし、下腿の瘤切除の部分もできるだけ小切開で傷が残らないように配慮しています。また、以前は自費で使用していましたが、5月からは保険収載された波長の長い1470nmを早速導入し、痛みの少ない治療を目指しています。

【完全予約制】TEL.03-5537-0002[受付時間 9:00~18:00(最終受付 17:00)/休診 日曜・祝日]

診療のご予約
ご予約フォーム
お問い合わせ
お問い合わせフォーム
初めて受診される方へ
          
Googleで場所を確認する
院長メッセージ
当院の施設・設備案内
提携ホテルのご案内